« なら国際映画祭 アートナイト | トップページ | 海月文庫 「墓展」 »

2012年10月 9日 (火)

個展 友井隆之展 二つの表情ー昼と夜ー @ストリートギャラリー終了しました。

ストリートギャラリーでの展示終了しました。

今回もいろいろな方に観ていただいてありがたいです。

 
 
 
今年の6月の神戸2001の個展以降、ずっと溶かして孔をあけつづけています。

同じ事を何回も、何十回も、何百回も、何千回も、何万回も、何十万回もつづけてます。



049

今回の展覧会のタイトルは 「二つの表情 -昼と夜-」

ストリートギャラリーの持つ空間を活かして、陽の光と空間の照明で見え方が変る作品でした。

052

素材をスチールからステンレスにして、溶解による熱で色が浮かぶようにしてみたり。

Dsc_0642

Dsc_0676






モノクロームな鉄から妖しい虹色のステンレス。

先の展覧会に堀尾昭子さんが観に来られた時に

「友井さんは、色は使わないの?」という話になって、
 
気になる言葉の連発で、なぜかその日からずっと「色」のことを考えていて、


そんな話をするまで自分の作品に色を乗せるということを真剣に考えてなかったなぁ。。。と

自分なりに色彩を意識して昼の表情を作ってみたり。。。

空間も、もちろん作品です。

強い陽ざしが入ると、中の空間は影と光のドットで埋まります。

Img_1657


 夜は素材の表情は消えて、

シルエットだけが強調されていきます。
 

Dsc_0329

 

Dsc_0330

Dsc_0337


 
作品自体は「素材」と「行為」をそのまま。

小細工なしでストレートに出だしているんだけど、
反面、空間の方は細かいところに気を使ってた。

この為に、ギャラリーの床をわざわざ白にしたり、照明でできる影をぬすんだり。
 
作品と空間とのバランスもきっちりぴっちり。 



実は誰にもわからないように細かい仕事してたんですねぇ。(笑)




また、今回自分で上手く写真が撮れなかったので、
 
観に来ていただいた方が撮ってくれた写真を使わせてもらってます。


実は「ならアートナイト」で娘の写真を撮って頂いた、奥山さんの写真なんですが。

これも何かの縁なのでしょうか。。。

うちの嫁と娘がストリートギャラリーで作品を観ている所でばったり出会ったらしく、

なにやら、ご近所にお住みのようで。。。

不思議な縁がいろいろとぐるぐるしてます。(笑)


 
 


あと、今年も三ヶ月。
 
今年いっぱい孔をあけ続けます。

出来る限り無心で一から十を唱え続けてみます。

|

« なら国際映画祭 アートナイト | トップページ | 海月文庫 「墓展」 »

コメント

Thanks for the sensible critique. Me & my neighbor were just preparing to do some research on this. We got a grab a book from our area library but I think I learned more from this post. I am very glad to see such great information being shared freely out there.

投稿: Morgan | 2014年1月24日 (金) 16時09分

Im a angels fan but this song is the shit! When the angels play in texas I always want? a texas homerun so I can hear this song! Hell yea! Go Angels though

投稿: Violet | 2014年2月22日 (土) 04時47分

Thanks again for the blog article.Thanks Again.

投稿: quebecoise | 2016年6月 5日 (日) 00時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個展 友井隆之展 二つの表情ー昼と夜ー @ストリートギャラリー終了しました。:

« なら国際映画祭 アートナイト | トップページ | 海月文庫 「墓展」 »